22万円に絶対収めたい!カーテンを【予算内】で決めた家①

22万円に絶対収めたい!カーテンを【予算内】で決めた家①

いらっしゃいませ♪
松本彩可です。

我が家は泉北ホームの「プレミアムパッケージ」+「プラスサーモ」仕様です。

今回のお話しは「オーダーカーテン選び」について、パート①です!

泉北ホームでは提携業者で選ぶと「22万円」(税抜)までは建物代に入っているので

クロス、照明を標準で収めた ものとしては

カーテンももちろん標準内で収めたる!!

ということで、本当に22万円以内で収めました!

長いので記事をわけました。

今回の内容は…

カーテンの豆知識もあるよ!
この記事でわかること
  • ジャストカーテンについて
  • なぜ22万円で収まったのか
  • 「カーテン」以外の選択肢

カーテンについては

どこで悩んだのかわかりやすいように

時系列のストーリー仕立てとなっております。

我が家の場合、カーテンだけに留まらず

ウッドブラインドやカーペットにまで手を出したので

カーテン選びをする前の新たな道しるべになるはずです!

目次

泉北ホームの提携先、ジャストカーテンとは

IC担当から、最後の打ち合わせが終わった時

IC担当

〇月〇日以降に予約とっていってくださいね!

と、カーテン業者との打ち合わせ日程の目安を教えてもらっていました。

泉北ホームでは

  • ルームワン
  • ジャストカーテン

2つの業者から、新居の場所によってどちらか1つの業者が割り当てられます。

こちらからは選べませんが

  • オリジナル商品があること
  • その他、有名大手メーカーも取り扱いがあること

など、ほぼ相違ないと思うのでどっちになっても問題ないかと思います。

ジャストカーテンの方が関西寄りで小規模ね

我が家は、そんな「ジャストカーテン」の方が割り当てられました!

ジャストカーテンの魅力

カーテン専門店というだけあって

ズラーっと飾られているカーテンの量には圧巻でした。

カーテンには大事な、カーテンレールやふさかけもたくさん展示がありました。

カーテンレール
ふさかけ(右下らへんの)

ジャストカーテンの1番の魅力は

その名の通りオーダーカーテンを「均一価格」で提供していることです。

店内にある自社製品のほとんどが、どれでも「1万円」(税抜)という価格です!

  • 両開き窓1カ所、幅200cm×丈240cmまで
  • 一部有名デザイナーとのコラボ商品など例外アリ
  • 加工金額は別途

という条件がありますが

店内にあるものならほぼ値段気にせず
柄や機能だけで選べる!

というのは、選ぶ側としても手間が省けてよかったです。

さらにカーテンを美しく魅せるために

  • デラックスオーダー(2倍ヒダ)
    …価格が約1.5倍
  • ジャストプリーツ(形状記憶)
    …1500円~(税抜)

などといった仕上げオプションも行っています。

左が標準、右が標準の2倍「ヒダ」があります

同じカーテンなのに
加工後はすごく高そう!

泉北ホームの紹介特典として、形状記憶は1カ所無料で頼めました♪

  • 2倍ヒダは豪華に魅せたいところに
  • 形状記憶はマスト

と感じました。

原寸大の実物があるのはカーテン周りだけですが

ロールスクリーンやウッドブラインドなども

自社・他社製品と扱いがあるので

お店に行く前に、ネット上でどんな種類のものを採用したいかは決めておくとスムーズです!

ジャストカーテンでの打ち合わせ1回目

まず、お店に行く前に我が家が決めていたことは

  • 絶対に22万円以内に収めたい!
  • 書斎にはウッドブラインドを付けたい!
  • 寝室・子供部屋には遮光1級が欲しい!
  • できれば脱衣所の目隠し用カーテンも頼みたい!

とにもかくにも

予算内に収める!

というのが1番のこだわりです。

それは新居全体でも実現できたことなので、自分の財布の紐はガチガチです(笑)

どの窓にカーテンを採用するのか

最初に決めたのは

どの窓に、どのカーテン等を付けるかです。

全部に好き放題つけたら絶対に予算オーバーします

そして、自分が「予算内が絶対」ということを伝えると

優先順位も決めることになりました。

以下、採用した位置と優先順位です↓

  1. 掃き出し窓にカーテン+レースカーテン
  2. 子供部屋に遮光1級カーテン
  3. 寝室に遮光1級のロールスクリーン
  4. 書斎にウッドブラインド
  5. 脱衣所の目隠し用カーテン

ロールスクリーンの遮光1級は、自社製品では扱ってなかったので

先にロールスクリーンだけ具体的に商品を選びました。

ニチベイ社 ラスコBC

寝室は床も天井も濃い茶色の木目なので

変に色足すより壁の白と合わせようって感じで決めました。

さりげない編み目模様なのがお気に入りポイントです

採用したいモノとロールスクリーンの詳細がわかったところで

カーテン担当

現状の予算を把握するために計算するので、その間店内の中から気になるカーテンをピックアップしてください!

ということで、店内をうろつきついでに

自分のこだわった「遮光カーテンの等級」について解説します。

遮光カーテンの等級による違い

字が表す通り「光を遮ることを第一目的」としているカーテンなので

真っ暗にしたい部屋、寝室やホームシアター等の趣味にあてた部屋にオススメです。

現在の寝室が「普通の障子」で光を通しやすく

24時間光る街灯があるせいで、とにかく眠りが浅いです。

アイマスク着けるまでは面倒💦

って感じで諦めてるんですが

ぜひとも新居では快適な睡眠を取りたい!と考えているので

遮光、その中でも「1級」にこだわりました。

こちらをご覧ください↓

スマホのライト機能をそれぞれのカーテンの後ろから当てています。

当然、ライトの明るさは調節していません。

カーテンの等級でここまで差があるんです!

どうせならガチガチの真っ暗にしてやる!

選びたい場所にもよりますが、我が家のような
採用理由なら

同じ値段で1級を選べるのはかなりお得です

先ほど決めた他社製のロールスクリーンでは

遮光が高いものほどお高かったです。
普通はそうなります。

柄や色のこだわりがそこまでないなら
ジャストカーテンの
遮光1級1万円は破格!

正面付けと天井付けの違い

流れでカーテン豆知識2つ目!

カーテンレールや、ロールスクリーンの取り付け位置によって

全く雰囲気や機能が変わることをご存じでしょうか?

こちらをご覧ください↓

窓枠の外にレールを付けるタイプ

ニチベイ 公式資料より抜粋

明るさが違うね!

正面付け
天井付け
  • 完全に隠せる
  • レールが目立つ
  • 明るさを残しておける
  • レールが目立たない

このように使い分けが大事になってくるので

  • 遮光を重要視した所は「正面付け」
  • オシャレ目的で付けた書斎は
    「天井付け」

という採用になりました!

我が家で天井付けにしたのは書斎だけだね

最低限の見積もり価格

30分ほどでカーテン担当から計算が終わりましたと呼ばれました。

我が家が最低限欲しいと決めたモノたちで果たしていくらなのか…

はみ出してないか心配…


まっっっっったく

はみ出してませんでした!

10万円近く余ってました!!(笑)

プロが計算しなくちゃダメなくらいならギリギリなのかと思った…

我が家のカーテン代が予算内に収まった理由

新築におけるカーテンは窓10個前後で「30万円~50万円」が相場 と言われており

同じ泉北ホーム施主さんからも

泉北仲間

金額オーバーしちゃった💦

という話を聞いていたので、ビクビクしていたんです。

では、なぜ我が家は10万円程度で収まったのかというと

ジャストカーテンがお手頃価格なこともありますが…

なんといっても、採用個数の少なさです。

相場の想定の半分
5カ所だけだもんね

予算内に収めたくて無理しているんじゃ?

という声が聞こえてきそうですが

本当に5カ所しか必要と感じていないのです。

そもそも「窓」にこだわっていた恩恵

我が家はまずプライバシーを守るために

「窓」の位置は目線が届きにくいように工夫しました↓

そして、気密性を高めるために

「窓」の数や大きさも気にしていました

さらに、我が家に採用した「窓」

全てを「型ガラス」にしました!

ガラスに曇り加工が入ることで「レースカーテン」くらいの機能が付いてきます!

YKK AP 公式サイトより

四方に住宅がある我が家の場合

窓から見える景色なんて何も良いことない
ので(苦笑)

設計担当

透明なガラスとお値段も性能差もないですよ

なら全部これでいい!

と、決めてしまいました!

1つ、型ガラスのデメリットがあって

空模様がハッキリ見えない

ことがあり

高性能住宅になることで、外の音もほぼ聞こえなくなることから

天気を知るには窓や扉を必ず開けなければならない、ということです。

一瞬で終わるようなことより
一生のプライバシーでしょ!

と、感じたので「型ガラス」にすることを優先しました。

  • 窓の位置や大きさをプライバシーや気密の観点から気を付けていた
  • 型ガラスの採用でカーテンの必要性がない

このことから

カーテンを「ほぼ採用しない=必要がない」家が
出来上がっていました。

残り10万円の使い道に困る

我が家はカーテンの柄とか付け方じゃなく

余ったお金の使い道に悩んでいました…贅沢な悩みです(苦笑)

余ってるからっといって
わざわざ必要のないカーテンは付けたくない💦

無駄にメンテナンス費用や手間が増えるだけですし

「カーテンをつけないこと」でオシャレに魅せたい窓しか残ってないのです。

カーテン担当

そういうことでしたら

カーペットなんていかがでしょう?

全く予想だにしていなかった商品の登場でした。

新たな刺客、カーペット

カーテン屋でカーペット?!

自分はイメージありませんでしたが

ジャストカーテンでも過去は自社製品も作っていた くらいでした。

…今では廃盤です。

なんで表立ってないかというと

売れなかったからなんですよね(苦笑)

カーペットというと

  • お手入れが大変
  • ダニの温床

というイメージがあり

最近は「マット類を置かないミニマリスト思考」が流行ってることもあり

どんどん廃れているのではないでしょうか?

自分も

無駄なカーテンを採用するより
デメリットでかくないか?

なんて警戒していたんですが…

色んなカラーがあるシンプルタイプ
こんなモコモコタイプも

え、可愛いかもしれん…!

サンプルをさわさわしてたら魅了され(笑)

残りの10万円でこのカーペットを採用することに決めました。

もちろん意匠性だけではなく

  • フローリングだけの硬さを補う
    …リビング
  • キャスター付き家具からの床保護
    …書斎
  • オモチャを投げてしまった時の床保護
    …子供部屋

などを考えて採用することに決めました!

まだ余った分は…チェック!

カーペットも有能だな~と思いつつも

やっぱりお手入れのことがよぎって

どこもかしこも!とはなりません。

カーテン担当

カーペット入れてもあと1万円くらい余りますね…

うーん…
そういえば、掃き出し窓につけるカーテンがいまいちピンときてなくて

30分店内をうろついて吟味してたんですが

我が家のイメージに合うものが見つかってなかったんです。

もっとこう…
チェック柄とかないんですか?

カーテン担当

!!
自社製品にはありませんが
他社製品でないか探してみますっ

カーテン担当

今日のお洋服も、チェック柄ですもんね!

あ!ホントだ!!

この日着てたシャツ

この後、自分の好みを探るべく

色んなチェック柄を見定めてたんですが

これは好きなチェックじゃない
こっちのランダム感が強い方が好みです

と、ガチチェック柄愛好家みたいになってしまってました(笑)

1回目の打ち合わせで残った課題

気になったチェック柄が廃盤になっていたこと

もうランチタイムになっていて

息子が限界を迎えていたので、1回目で決め切れませんでした💦

あと決めるべきことは

  • カーテンの柄が1つも決まってない
  • カーペットも色が決まってない
  • 脱衣所の目隠しカーテンも詳細不明

と、山積みだったので

2回目打ち合わせの予約を入れ

カーテン担当に他のチェック柄探しをまかせ

この日を終えました。

カーテンもクロスと同じくらい部屋の雰囲気を左右するので

思ってた以上に時間がかかりました。

でも、他社製品やカーペットまで出てきて
決めるのは大変になりましたが

またお気に入りの家度が上昇していく!!

本当に、自分たちが決めたモノばかりで構成されていくので

注文住宅の醍醐味をカーテン1つでも感じます!

全然出てこないけど
子守担当だよ!

息子

うえ~い♪

もちろん、合間合間で夫に確認取っていますが

醍醐味感じてるのは自分だけか(笑)

ということで

2回目の打ち合わせ以降の内容、実際に採用したモノは次回ご紹介します!

それでは今回はここまでにします。

感想や質問などはコメント欄やTwitterへ

最後までご覧いただき
ありがとうございました!

↓ランキング参加中

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓松本彩可のおすすめ商品一覧

22万円に絶対収めたい!カーテンを【予算内】で決めた家①

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる