「家」レベルの火災対策|「家庭」レベルの火災対策

いらっしゃいませ♪
松本彩可です。

我が家は泉北ホームの「プレミアムパッケージ」+「プラスサーモ」仕様です。

万が一億が一、災害の被害にあった場合は

「火災保険」があると安心!というお話をしました。

そんな災害の中でも

もっとも未然に防げる確率の高い「火災」についてのお話をします。

安全第一が長持ちの秘訣!
この記事でわかること
  • 泉北ホームの火災対策
  • 施主ができる火災対策
  • 万が一のために備えておくと安心なモノ

家の構造による火災対策だけでなく

施主が設計段階などで工夫できること、についても解説していきます。

目次

泉北ホームの災害対策

泉北ホーム公式サイト によると

  • 耐火…火災
  • 耐風…台風
  • 耐震…地震
  • 耐久…結露

これら全てに対して

構造体レベルで対策を取っていることがわかります。

水災だけはないんだね💦

耐水害対策をしているハウスメーカーは

我が家も検討していた「一条工務店 」が有名ですね。

水災に関しては対策を取れているメーカーが少ないようなので

そもそも被害に遭う確率の少ない地域を選ぶなどで対策を取ることもできます。

泉北ホームの火災対策

当ブログでは以前の記事で

泉北ホームも使用している「ウレタン系」の断熱材

燃えると有毒ガスが発生する!

という情報を載せました↓

そんな危険なモノだったら使わない方がいいんじゃ?

そもそも「ウレタン」自体は聞き馴染みある方も多いはずです。

仮に断熱材に使用していなくとも

枕やベッド、ソファなどにはよく利用されているからですね。

他にも「アクリル系」の素材も燃えると「シアン」が発生します。

衣類・カーテンなど、コチラも聞き馴染みありますよね?

これらのモノが1点もない家、というのはかなり稀だと思います。

そもそも火災が起きたらアウトじゃん!

当然、布とかが燃えるより広範囲に使用する断熱材の方が危険性が高いんですが

だからこそ「火災を起こさない・広げない」という工夫が必要不可欠です。

泉北ホームの構造断面図

大前提として「火」というものは上へ上へと広がるものです。

なので、壁付近に火元がないと簡単には到達しません。

タカラスタンダード 公式サイトより

キッチンのコンロが少し壁から離れているのも
火災対策なんだね!

泉北ホームでは↓このような構造になっています。

内部からの火災の場合

壁は

  1. 壁紙
  2. 石膏ボード
  3. 防湿気密シート
  4. ウレタンフォーム

天井は

  1. 壁紙
  2. 石膏ボード
  3. 枠組み材
  4. グラスウール or 床根太
  5. 枠組み材

外部からの火災の場合

  1. 外壁
  2. 透湿防水シート
  3. 構造用合板 or ツーバイ材
  4. ウレタンフォーム

このような順番で燃え進む可能性があります。

そのうち「太字」にしたものがファイヤーストップ材となっており

難燃、もしくは不燃材に分類されます

火災が発生して「119番通報」した後

大阪府での消防車が駆け付けるまでの時間は以下の図の通りです。

大阪消防車到着時間
大阪府の資料より

早ければ5分以内に到着するんだね!

多くの住宅地は「黄色」の範囲に収まってると思うので

12分ほど耐えることができるならば、大災害となる可能性は極めて低いといえます。

なので、先ほど申し上げたファイヤーストップ材なるものは

数十分以上火を当てても燃焼しない

そういうものを示しています。

壁紙

1番最初に被害を受けるであろう壁紙は

泉北ホームの標準のモノから選んでいれば

全て「準不燃」性能になっています。

  • 不燃…加熱開始から20分は耐える
  • 準不燃…加熱開始から10分は耐える
  • 難燃…加熱開始から5分は耐える

最低でも難燃の性能は「商品」として絶対に備わっています。

各時間まで「燃えない・ガスを発生させない 」などの規定があります。

5分だと心配だけど
10分も耐えてくれるなら
たいていの住まいでは被害が広がらずに済みそうだね!

石膏ボード

画像内の天井・壁がすべて石膏ボードです

そして次に待ち構える「石膏ボード」は

1枚が燃えきるまでに15分 となっており

先ほどの壁紙と合わせると30分近くは断熱材まで到達しないことがわかります。

熟睡してる間に…だと間に合わないかもだけど
そんな時に火災が起きてたら
ウレタン関係なしに危険だよね

外壁

放火魔や近隣火災の弊害のことを考えると外壁も重要ですが

泉北ホームの標準で選べるニチハ・ケイミューどちらを選んでも

耐火等級3(45分以上耐えれる)以上の商品です。

  • ニチハ …フュージェ、モエンエクセラードなど
  • ケイミュー …ネオロック、フィルテクトなど

我が家は耐火等級4と3が混ざってたよ!

大阪はとても土地が狭く、隣近所との距離も近いことが多いため

特に燃え移らないことが重要ですね。

耐火等級4だと60分以上となっているので

かなり安心なことがわかります。

枠組み材・ツーバイ材

これらは泉北ホームの場合

すべて「木材」で構成されています。

たき火とかを想定すると
凄く燃えやすいイメージがあるけど?

実際「燃えてしまう」ことはありますが

「燃え尽きることはない」というのが木材の強みです。

泉北ホーム 公式サイトより

表面が炭化することにより、内部まで火が進行するのを遅らせます。

グラスウール

泉北ホームでは断熱材というより

防音材として「グラスウール」を階の間に使用しています。

繊維系の断熱材は吸音が得意!

階上の足音・物音などを響き渡らせない効果 があるんです。

はこさん提供

←この袋の中のものが↑コチラ

マットエース24 」の24は、繊維の密度を示していました。

この画像を元に商品ページをみてみると

ちゃんと準耐火構造に沿った仕様であることがわかります。

耐火構造
準耐火構造
  • 1時間以上燃えない
  • マンション・公共施設など
  • 30分以上燃え広がらない
  • 一般的な住宅

泉北ホームでは
このグラスウールに限らず
家全体で準耐火構造になってるよ!

安心のためにもですが

火災保険料の節約につながるのも嬉しいですね。

家レベルの火災対策まとめ

  • 壁紙で15分耐える
  • 石膏ボードで15分耐える
  • 外壁で45分以上耐える
  • 構造体・グラスウールで燃え広げない

内部・外部ともに30分は耐えれる構造にはなっているので

あとは早く通報することが大事ですね!

そもそも火災を起こさなきゃいい!

家レベルの火災対策は

火災が起きてからどれだけ耐えれるか、のお話しだったので

「家庭」レベルでの火災対策は

そもそも火災を起こさない工夫、のお話をします。

設計段階の人は要チェック!

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる